投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

投資信託の仕組み

投資信託は安心の分別管理

投資信託は各分野で専門機関がきちんときめられて厳正な運営が行われています。
この部分は無理に理解する必要性はありません。投資信託は資産の安全性がしっかり保たれている事がわかれば充分です。

投資信託の仕組み

※下記図は一般社団法人投資信託協会HPより抜粋(確認しながら下記文章をお読みください)

投資信託の仕組み
販売会社が、投資信託の販売や分配金等の窓口になります。
運用会社が、集められた資金の運用の指図を行います。
信託銀行が、運用されている資産の管理を担当します。

投資信託は、販売・運用・資産の保管などの専門機関が役割を果たすことで成り立つ
金融商品です。次に「販売」「運用」「資産の保管」を行う各機関の役割をもう少し細かくみていきましょう。

◆販売会社(証券会社、銀行など) の役割

投資信託の販売や換金、分配金・償還金の支払いなどを行います。資産運用する際の質問に答えたり、相談にのったりもします。投資家と投資信託をつなぐ「窓口」だと言えます。

◆投資信託運用会社の役割

投資信託を作り、投資家から集めた資金を運用します。
運用会社では、経済・金融情勢などに関するデータを収集・分析し、専門家がノウハウを駆使しながら信託銀行に対して運用を指図します。運用会社は「委託者」と呼ばれます。

◆信託銀行の役割

投資家から集めた資産を大切に保管・管理します。
信託銀行は運用会社からの運用の指図に従って、株式や債券などの売買や管理を
行います。「受託者」と呼ばれます。
なお信託銀行では、投資家から集めた信託財産を自社の財産とは区別して保管・管理(分別管理)していて、いわば投資信託の金庫番のような役割を果たしています。
※信託銀行の財産とは別管理している為、信託銀行が経営破綻しても財産は守られます。

投資信託を買うならどこ?証券会社の比較ランキング
投資信託で評価が高い証券会社
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
SBI証券
ポイントが魅力・詳細
楽天証券
専売投信に注目・詳細
マネックス証券
初心者から好評・詳細
サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


投資信託

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

今だけお得!限定キャンペーン

SMBC日興証券が必須の理由

(チャート分析ができなくてもOKです)

投資信託

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.