投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

米国株投資のQ&A

米国株の基本

米国投資を行う上で、必要な知識をQ&A方式でまとめました。
最低限必要な事に絞ってあります。

Q1.ニューヨーク証券取引所とナスダックって違うの?

kaoruA.世界の優良企業が集まるのがニューヨーク証券取引所(世界最大の市場)。規模はやや小さいながらも成長性が高いハイテク銘柄が中心に上場しているのがナスダック。両市場とも取引時間は現地の9時から16時(日本時間23時半~6時)で取引可能です。
あまり、神経質になる部分ではありませんので軽く頭に入れる程度でOK。

Q2.インデックス(株価指数)で有名なものは何?

kaoruA.以下の4つが有名です。
ダウ工業株30種平均株価指数 ・S&P500株価指数
ナスダック総合株価指数    ・ラッセル株価3000指数
米国株では、こういった指数に連動するETFも取引可能です。

Q3.ティッカーコード(シンボル)って何?

kaoruA.日本株式で使わる「証券コード」(4桁の数字)の米国版です。
米国株の場合は数字ではなく、アルファベッドを使います。
例、アップル⇒AAPL マイクロソフト⇒MSFT コカ・コーラ⇒KO
企業名と似ているので、慣れてしまえば日本株より簡単かも?

Q4.売買単位は?

kaoruA.日本では100株単位の取引が主になりますが、米国では単元制度がありません。
つまり1株単位で取引が可能です。
ただし、金額が小さいと手数料負担の割合が高くなってしまうので、10~20万程度から取引したほうが良いかもしれません。

Q5. 注文方法は?

kaoruA.日本株と同じです。ただし呼び名が違うので注意してください。
・成り行き注文⇒マーケットオーダー ・指値注文⇒リミットオーダー
・逆指値注文⇒ストップオーダー
ただし、証券会社によっては上記のうち利用できない注文方法もありますので注意してください。

Q6.チェックしたい経済指標は何?

kaoruA.代表的なものを下記に記載します。
経済指標を見るときは、直近の数字だけで判断せず過去からのトレンドを見ることが大切です。(1度くらい悪い経済指標が出たからと言ってバタバタするのは失敗のもと?)
指標を一つだけに絞るならば雇用統計が最重要になります。

消費者物価指数 ・雇用統計 ・ISM指数 ・GDP統計
新規失業保険申請件数 ・フィラデルフィア連銀指数
鉱工業生産指数 ・住宅着工件数 ・新築住宅販売高&中古住宅販売高

Q7.米国株の税金は?

kaoruA.ほぼ同じですが、一部に違いがあります。
日本株と同じように特定口座で取引可能な証券会社が出現したことで、米国株が身近な存在と変わりました。(確定申告が面倒な人は特定口座の方が良い)
税金の不明点は税務署に聞けば、凄く丁寧に教えてくれます。

売買益(譲渡益)に対する税金 ・配当金に対する税金

米国株に強い証券会社は? ~管理人の投資方法~

米国株は、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。

ただし、「時間外取引の有無」「指値期間の長さ」など、日本株の取引と比べて証券会社のバラツキが大きいのが実情です。(証券会社の選択は慎重に!)

★証券会社によって条件がこんなに違う!(2017年9月25日現在)
証券会社 手数料 銘柄数 指値期間 時間外取引
マネックス証券 安い 多い 90日間
SBI証券 安い 普通 15営業日 ×
楽天証券 安い 普通 当日限り ×

【詳細:米国株取引 ネット証券を徹底比較

≪参考≫ 管理人の投資方法

米国株は、NYダウのような優良大型株が10%程度下がった時にまとめて購入するようにしています(短期間の値動きは気にしない)。

購入後は、配当を貰いながらジックリ値上がりを待つだけです。こんな単純な方法ですが、ここ数年は数百万円の利益が続いており米国株のパワーを実感しています。

この投資方法で非常に役立っているのがマネックス証券の指値期間(90日)”です(他社と比べて指値期間が圧倒的に長い)。

【関連】 米国株取引 マネックス証券のメリット・デメリットを解説

米国株の取引は日本時間の深夜から早朝に行われますので、指値の有効期間が長い事はとても重要だと考えています。(自分の希望株価に指値をして、ジックリ待つだけでOK)

公式ページはコチラ⇒ マネックス証券

また、マネックス証券は米国株に関するレポートや無料オンラインセミナーが充実しているので、米国株の初心者や経験が浅い人には向いていると思います。


米国株取引が可能なネット証券
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
マネックス証券
好条件オススメNO.1
SBI証券
貸株サービスが魅力
楽天証券
海外ETFの本数が多い

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.