投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

米国株投資のQ&A

米国株の基本

米国投資を行う上で、必要な知識をQ&A方式でまとめました。
最低限必要な事に絞ってあります。

Q1.ニューヨーク証券取引所とナスダックって違うの?

kaoruA.世界の優良企業が集まるのがニューヨーク証券取引所(世界最大の市場)。規模はやや小さいながらも成長性が高いハイテク銘柄が中心に上場しているのがナスダック。両市場とも取引時間は現地の9時から16時(日本時間23時半~6時)で取引可能です。
あまり、神経質になる部分ではありませんので軽く頭に入れる程度でOK。

Q2.インデックス(株価指数)で有名なものは何?

kaoruA.以下の4つが有名です。
ダウ工業株30種平均株価指数 ・S&P500株価指数
ナスダック総合株価指数    ・ラッセル株価3000指数
米国株では、こういった指数に連動するETFも取引可能です。

Q3.ティッカーコード(シンボル)って何?

kaoruA.日本株式で使わる「証券コード」(4桁の数字)の米国版です。
米国株の場合は数字ではなく、アルファベッドを使います。
例、アップル⇒AAPL マイクロソフト⇒MSFT コカ・コーラ⇒KO
企業名と似ているので、慣れてしまえば日本株より簡単かも?

Q4.売買単位は?

kaoruA.日本では100株単位の取引が主になりますが、米国では単元制度がありません。
つまり1株単位で取引が可能です。
ただし、金額が小さいと手数料負担の割合が高くなってしまうので、10~20万程度から取引したほうが良いかもしれません。

Q5. 注文方法は?

kaoruA.日本株と同じです。ただし呼び名が違うので注意してください。
・成り行き注文⇒マーケットオーダー ・指値注文⇒リミットオーダー
・逆指値注文⇒ストップオーダー
ただし、証券会社によっては上記のうち利用できない注文方法もありますので注意してください。

Q6.チェックしたい経済指標は何?

kaoruA.代表的なものを下記に記載します。
経済指標を見るときは、直近の数字だけで判断せず過去からのトレンドを見ることが大切です。(1度くらい悪い経済指標が出たからと言ってバタバタするのは失敗のもと?)
指標を一つだけに絞るならば雇用統計が最重要になります。

消費者物価指数 ・雇用統計 ・ISM指数 ・GDP統計
新規失業保険申請件数 ・フィラデルフィア連銀指数
鉱工業生産指数 ・住宅着工件数 ・新築住宅販売高&中古住宅販売高

Q7.米国株の税金は?

kaoruA.ほぼ同じですが、一部に違いがあります。
日本株と同じように特定口座で取引可能な証券会社が出現したことで、米国株が身近な存在と変わりました。(確定申告が面倒な人は特定口座の方が良い)
税金の不明点は税務署に聞けば、凄く丁寧に教えてくれます。

売買益(譲渡益)に対する税金 ・配当金に対する税金

米国株に強い証券会社は? ~取引条件がこんなに違います~

米国株は、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。ただし、取引条件においては日本株に近い感覚で取引が可能な証券会社もあれば、「成行注文ができない」「指値期間が短い」など、改善が望まれる証券会社もあるのが現状です。

★証券会社によって条件がこんなに違う!(2016年11月末現在)
証券会社 手数料 銘柄数 指値期間 時間外取引
マネックス証券 安い 多い 90日間
SBI証券 安い 普通 15営業日 ×
楽天証券
高い 普通 当日限り ×

【詳細:米国株取引 ネット証券を徹底比較

≪管理人の体験談:成功ポイント≫
米国株の取引は基本的に夜中に行われますので、注文方法や指値の有効期間はとても大切だと思います。個人的な感想としてはマネックス証券の90日間の有効期間はとても魅力的だと思います。
管理人は、希望価格に指値をして“ジックリ待つ長期戦略を実施”するようにしてから運用成績が飛躍的に向上しました。

売買手数料や取扱銘柄数、取引条件など総合的に判断するとマネックス証券の優位性が高いと思います。また、定期的に米国株WEBセミナーがあり、‘市況や話題の銘柄’などが配信されるので注目です。

米国株表題

米国株デビュー応援マネックス証券_米国株

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.