投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

SBI証券 口座開設のメリットをFPが解説

総合証券で全ての金融商品がトップクラス

SBI証券は個人投資家から人気が高く、350万口座突破とい驚愕の口座数を誇るネット証券最大手です。
人気の秘密は、株式・投資信託・IPO・債券・・・と多くの金融商品の取扱いがある事に加えて、その質・内容がトップクラスだからです。(種類が多く・手数料も安い)

投資の初心者に対して、ベテラン投資家が「取り敢えずSBI券で口座開設しておけ!」とアドバイスをしているシーンを見たことがありますが、賛成意見という投資家さんも多いのではないでしょうか?

あらゆる商品で優位性が高い証券会社ですが、その中でも「投資信託ならSBI証券」という声が投資家から多く聞かれます。それについては、投資信託の取扱本数が約2,350本という驚愕の数字を見れば明らかです(2016年10月末現在)

1第一《管理人から見たSBI証券》
投資信託を中心に考えている人や証券会社は1社だけに絞りたいと考えている人には注目の証券会社です。ちなみに、管理人もSBI証券でNISA口座を開設して、投資信託の積立を行っています。
感想を一言で表すとすれば、「自分の家族にも自信を持って勧められる会社」です。

 

投資信託を始めるなら、第一候補!?

2,000本を越える投資信託というのは、想像を超えていますね。お探しの投資信託はSBI証券ならば、ほとんどの商品は見つかると思います。また、サービス内容の充実している点にも注目して欲しいと思います。

投資信託 取扱い本数など ※2016/10/31現在

会社名 投資信託・数 ノーロード投信 積立・最低額
SBI証券 約2,350 約1,050 500円
楽天証券 約2,250 約1,050 1,000円
カブドットコム証券 約1,000 約550 500円
マネックス証券 約950 約400 1,000円
◆ノーロード投信(販売手数料無料)の本数がトップ水準(2016年10月末現在)

投資信託を購入する時に、証券会社によって販売手数料が無料なところもあれば、数%徴収されるところもあります。当然ですが手数料無料の方が嬉しいですよね!
SBI証券は楽天証券と並んで、ノーロード投信(販売手数料無料)の取扱本数が1,000本超えとなっています。

◆最低積立の金額はワンコインの500円から可能

「投資は金持ちが行うもの」というイメージが世の中には残っていますが、SBI証券は500円から投資信託の積立が可能です。サラリーマンはもちろん主婦の方もお小遣いの一部だけで投資ができるのです。
500円から積立が可能な証券会社は、SBI証券とカブドットコム証券だけです。(2016年10月末現在)

◆投資信託を保有しているだけで、ポイントが貰えちゃう

SBI証券が人気の理由としてはポイントサービスもあげられます。これは投資信託の保有額に応じてポイントが貯まっていくシステムで、貯まったポイントはTポイントや現金と交換する事が可能です。つまり事実上のコスト削減と考えられますので中長期投資家にとっては最高のシステムですね!
《詳しくはコチラ⇒投信マイレージサービス

SBI証券公式サイトへ

高金利の個人向け社債、SBI債は大注目!

SBI証券では、個人投資家がお祭り騒ぎになるほど凄い社債が発売される事があります。
それが高金利として評判の「SBI債」です。(以下は以前に発売されたSBI債)
SBI債

この時は、満期1年で1.43%の金利が付くということで、大注目されました。単純比較はできませんが、この時の大手銀行の1年定期預金が約0.025%ですから、約50倍・・ 大人気だったことは言うまでもありません。

このSBI債は不定期に発売されるのでハッキリは言えませんが、過去は年に1~2回程度のペースで発売されています。基本的にSBI証券の口座保有者が対象となりますので、希望する人は事前に口座開設をしておくと良いでしょう。(大人気の為、抽選による販売が多い。)

また、債券と言えば『個人向け国債』の購入に対して、キャッシュバックキャンペーンが継続的に実施されている証券会社としても有名。これは管理人も頻繁に利用しているサービスです。(例:個人向け国債を50万購入で1,000円キャッシュバック)

【参考】個人向け国債(変動10年)は完成度が高い注目商品

株式売買の手数料は格安!IPOの取扱数はネット証券NO.1

投資の王道と言えば株式売買ですが、SBI証券はもともと格安手数料で人気が出た会社です。
最安値ではありませんが、かなり安い部類に入りますので株式売買でも充分に活用できます。

プラン毎の株式売買の税抜き手数料(2016年10月31日)
プラン 約定10万 約定20万 約定30万 約定50万 約定100万
スタンダードプラン※1 139円 185円 272円 272円 487円
アクティブプラン※2 96円 191円 286円 429円 762円

※1 スタンダードプランは1約定毎に手数料が発生します(中朝期の投資で、基本タイプ)
※2 アクティブプランは1日の合計金額に対して手数料が発生します(短期売買、デイトレード向き)

IPO(新規公開株)の取扱本数は業界トップ水準

株式売買ではIPO投資を希望している人も多いと思います。【参考】IPOって何?⇒コチラ
SBI証券は、お宝株と呼ばれるIPOに関しても、ネット証券ではNO.1の呼び声が高い会社です。
IPOファンの間では「必須証券の1つ」と言われるほどの存在感で注目の会社と言えます。
【参考】SBI証券のIPO抽選方法⇒コチラ

SBI証券公式サイトへ

◆SBI証券のデメリットは?

魅力的なメリットが多いSBI証券ですが、デメリットもあります。それは日本株で50万以下の売買では、手数料が標準レベルである点です。ただし、他社がSBI証券よりも引き下げたという事が原因ですので、SBI証券が割高という話ではありません。(充分い安い)

また、商品の取扱いが非常に多くサービスが多彩なので、操作に慣れるまでは少し時間が掛かる人もいるようです。もっとも、ほとんどの投資が1社だけで取引が可能なメリットの方が大きいと思います。(すぐに慣れるので気にしなくてOK)

口座数が350万超えの理由には、誰が利用しても“一定の満足感がある”という事だと管理人は理解しています。証券会社の選択で迷っている人はSBI証券で口座開設がオススメです。

~SBI証券に向いている人は?~

【こんな人は注目!?】
●証券口座の開設をどこで行うか迷っている人
●投資信託を中心に運用を考えている人
●IPO(新規公開株)や債券で得したい人

SBI証券 バナー

SBI証券 紹介SBI証券


サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.