【銘柄スカウター】

もう迷わない
米国株の最強の無料分析ツールを徹底解説!

米国株に役立つ無料サイト!

IPO(新規公開株)、上昇期待のお宝株

IPOは大儲けが可能な宝クジ株!?

IPOは新規公開株の事を言います。簡単に言うと未上場企業が“証券市場に上場する事”です。

その順序として、事前に公募価格という形で株主を募り、その後に東証やジャスダック・マザーズなどに上場を果たします。そして自由に株式の取引きが行なわれるようになるわけです。

さて、IPOが「宝クジ投資」「お宝株」と言われて大人気なのは、この公募価格で株を入手する事で上場時に大きな値上がりが期待できるためです。(5倍以上の初値で100万以上の利益となることも!)

IPO投資!用意しておきたい3つの証券会社

【抽選ルール・詳細】
SBI証券
【抽選ルール・詳細】

【抽選ルール・詳細】
世間の評判や満足度を徹底調査し、管理人が実際に利用した上で厳選!

IPO(新規公開株)のメリット

IPOは上場前に入手が可能で、上場後には大きく値上がりする事が多いです。これは、上場前の価格(公募価格)が安めに設定されている事が理由です。

結果として、幸運にもIPOを手に入れた人は上場後に2倍・3倍・・時には10倍以上の値上がりをする事もあります。(100%値上がりするわけでは、無いので注意)

以下は、各年で公募価格から初値でもっとも高騰した銘柄をピックアップしたものです。それぞれ初値の即売却で100万程度の利益が出ており、一攫千金状態となりました。

年度 最高利益(公募から〇倍) 銘柄
2020年 260万(11.9倍) ヘッドウォータース
2019年 130万(3.8倍) サーバーワークス
2018年 445万(10.9倍) HEROZ

ここ最近を見ても、公募価格を初値が上回るケースがほとんどで、値下がりするケース(公募割れ)は稀なパターンです。

ここ数年を見ると80~90%の銘柄が公募価格を上回る初値を形成しました。つまり、手に入れる事さえできれば高確率で儲かるのがIPOなのです。
※IPOの売却益や配当に関わる税金は通常の株式投資と同じです⇒IPOの税金

《Pickup》IPO証券の参考情報

2019年~2020年に運営サイトに寄せられた当選報告からの結果(参考情報:約1000件)
一般投資家からの情報ですので、非常に参考になると思います。

●当選報告が多かった証券会社は?
順位 証券会社
1位 SBI証券
2位 SMBC日興証券
3位 大和証券
●平幹事で当選が多いのは?
順位 証券会社
1位 マネックス証券
2位 松井証券
3位 楽天証券
注目IPOに強い証券会社は?《2021年版》

IPOのデメリット

デメリットは、ごく稀ですが初値が公募価格を下回る事があります。

ただし、これはとても少ないパターンで公募価格を下回った銘柄は過去のデータでは10%程度。

それよりも最近になって目立つのは、初値が最高値でズルズルとそこから値下がりしてしまうパターンです。

IPO株は、上場後の初値から一気にヒートアップするので、経験が少ない人は即売却(初値売り)というスタイルが堅い方法だと言われています。(多くのIPO愛好家はこの手法)

また、初値が下落する銘柄についても、事前に目論見書を確認しておけば大方の予想はつくと思います。IPOブロガーなどが事前予想を出していたりするので、そういったものを参考にしてみるのも良いでしょう。

IPO証券を1社に絞るとしたら、やっぱりSMBC日興証券

サイト読者から寄せられる当選報告を集計したところ、SMBC日興証券。
※2016年~2020年までを集計(初値がプラスのIPOのみが対象)

IPO取扱数と主幹事数の両方で全証券でトップ水準という貴重な会社。
私の過去における当選数でも1位となっています!

仮に『IPO証券を1社に絞る』とするならば、迷わずSMBC日興証券を選択します。

詳細SMBC日興証券 IPO抽選方法 ~超・重要証券~

IPOの優位性は勿論ですが、他にも魅力的な要素が多い証券会社ですので、口座開設をしておいて損は無いと思います。

関連SMBC日興証券の大逆襲!ネット証券を圧倒する5つの魅力とは?




サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


タイトルとURLをコピーしました