投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

個人年金Q&A

個人年金保険に関して、質問が多い項目をQ&A方式でまとめました。

Q1.老後資金っていくらぐらい必要なの?

A.個人の生活レベルや希望で、必要な老後資金は全く違います。
参考までに一般的な数字をもとに算出してみましたので目安としてください。⇒老後資金はいくら必要

Q2.年金を受け取る時は、税金ってかかるの?

A.雑所得として所得税の課税対象です。税金は受け取った年金額から必要経費を差引いた部分にかかります。詳しくは⇒個人年金保険の税金(確定年金)
※保証期間付終身年金の保証期間分の年金を一括受取する場合、雑所得として課税され、確定年金を一括受取する場合、一時所得として課税されます。

Q3.生命保険料控除って個人年金保険ならどれでも適用なの?

A.生命保険料控除の適用には要件があります。(全てが対象ではありません)
以下の4つの要件をすべて満たしていなければなりません。

1.年金受取人の名義が契約者または配偶者のどちらかであること
2.年金受取人は被保険者と同じ人であること
3.保険料を払い込む期間は10年以上あること
4.受け取る年金の種類が確定年金・有期年金の場合は、年金開始日における被保険者の年齢が60歳以上で、年金受取期間が10年以上であること

Q4.契約者と年金受取人が違うと、税金も違うの?

A.契約者と年金受取人が違う場合は年金受取開始時に、贈与税が課税されます。

Q5.受取開始日前に保険料を払っていた被保険者が死亡した場合、死亡給付金に税金はかかるの?

A.死亡給付金に対し相続税が課税されます。
死亡給付金の受取人が相続人である場合は、ほかの保険金とあわせて法定相続人1人につき500万円を生命保険の非課税金額として控除できます。

Q6.個人年金保険に使われる専門的な用語がわかりません!?

A.個人年金で使用される代表的な用語をまとめました。
ご利用ください⇒個人年金保険の用語集

【参考】 保険相談 評判が良い会社はどこ?押売りとかされるの?

保険の無料相談を積極的に活用しよう!

◎ピンク個人年金保険は、保険会社により取扱い商品が違います。一般的には、将来計画が組みやすく税制上の優遇がある事から「確定年金」が人気となっています。
ただし、それぞれの状況によって必要な保険は全く異なりますので、保険の無料相談を利用するのも一つの方法です。

“押売り”等を心配する人もいると思いますが、現在はそのような行為はほとんど考えられませんので、安心して利用してください。(加入中の保険の分析も行ってもらえますよ)
【参考】 保険相談 評判が良い会社はどこ?押売りとかされるの?

★契約実績が50万件以上!信用の上場グループ企業

日本最大級の直営店舗数、取扱い保険会社約50社
【保険見直し本舗】
何度ご相談いただいても無料です

●コンサルティングアドバイザーの90%が女性。
●累計50万件以上の契約実績がお客様の評価です。
●東証マザーズ上場会社のグループ会社という信用力。
●全国200店以上の店舗があり、全てが直営店。

詳しくはコチラ>>【保険見直し本舗】

個人年金の魅力個人年金の注意点個人年金の種類|個人年金 Q&A|

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.