投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

NISAは下落に弱い!?

NISAは保有資産が下落すると損をする!?

NISAは売却益や配当金等が非課税になるという大きなメリットがあります。
簡単に言えば「儲かった時に得をする」制度と言えます。

しかし、投資の世界というのは100%利益が出るわけではありません。時として大きく市場が下落してしまい投資元本が目減りしてしまう事もあります。
そんな時にNISAはどんなメリットがあるかと言うと・・メリットはありません。むしろ購入当初よりも価格が下落してNISA期間(5年間)が終了した場合には、デメリットが発生します。

保有資産が下落してNISA期間が終了した場合

120万円で購入した株式や投資信託がどんどん上昇して仮に140万になった場合は、売却することで20万の利益を得ることができます(NISAの非課税メリット)

反対に120万円で購入した株式や投資信託が、ズルズル下落を続けて最終的に80万となってNISA期間が終了した場合はどうなるかというと、下落した80万が新規購入価格として特定口座や一般口座に移動する事になります。(投資元本が120万から80万に変更)

つまり、特定口座等に移動してから80万の株式等が、上昇して120万(NISA初期投資元本)に戻ったとしても、上昇分の40万に対して税金が発生するのです。

NISAは利益を出した人にメリットがある仕組みであって、利益&損失の両方に優しい制度ではありません。損失リスクをできるだけ抑えた商品がNISA向きと言われるのは、そんに理由からです。

また、5年目で損失を確定したくない人や、そのまま非課税枠で運用を継続したい人は、【 ロールオーバー】という方法もあります。 詳しくはコチラ⇒ロールオーバー 非課税期間を延長

NISAに向いている商品は?

NISAの価格下落デメリットを考えると、リスクを分散している投資信託が適しているという意見が専門家の主流です。また投資信託の購入方法として、毎月一定額を買い付けるドル・コスト平均法を活用すれば、さらに下落リスクを抑えることができます。 ★詳しくはコチラ⇒投資方法(ドル・コスト平均法)

商品選びでは、格付け投資情報センターの「R&Iファンド大賞2016」は参考になると思います。
新たにNISA部門ができたので、目を通しておくヒントが見つかるかもしれません。
【参考情報】R&Iファンド大賞2016 NISA部門

また、今のところ購入する商品も決めておらず、取り敢えず先に口座開設ということであれば、商品選択肢が多い「総合証券」が良いでしょう。ちなみに管理人のNISA口座はSBI証券です。

NISAで注目 SBI証券 :総合的なバランスが良く、個人投資家の人気が高い!

~管理人コメント~ (詳細:SBI証券の注目ポイント)
kaoru投資信託の取扱い数は2000本以上という他社の追随を許さない驚きの数字。
また、投資信託だけでなく株式や債券など幅広い金融商品を取り扱っており、初心者からベテランまで幅広い層から人気が高い証券会社です。商品の選択枝が広いのでNISA口座とは相性が良いと思います。

豊富な商品&格安手数料で大人気のSBI証券
SBI証券
個人投資家から圧倒的な支持!

●投資信託の取扱本数は、ネット証券最多水準で2000本以上。
●株式売買の手数料は最安値水準、IPOも業界トップクラス。
●お宝債券と呼ばれる「SBI債」は、個人投資家が大注目。
●株主優待検索機能は、絞込み機能が充実していて好評。

詳しい説明・口座開設>>SBI証券
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.