投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

積立投資はこの証券会社が凄い!~究極のドルコスト平均法~

積立投資が続く証券会社を選択できていますか?

%e6%82%a9%e3%82%80積立投資は初心者でも気軽に始められる事で年々人気が高まっています。管理人も老後資産の形成目的で利用しておりその効果を実感しています。
資産運用として魅力的な投資なのですが、開始して1年程度で挫折してしまう人も多く見かけます。そして、その理由の大半は「値動きが気になって・・」というものです。これは、もしかしたら証券会社の選択を間違っていたのかもしれません?

このページでは、毎日積立の設定が可能な証券会社を紹介しています。
基本的には月に1回の積立設定しかできない会社が多いのですが、一部の証券会社では月に複数回の設定が可能となっています(毎日積立もできます)。

仮に毎日積立にしてしまえば、月一回の積立のように「積立日に限って株高・・」「一週間前に購入出来てれば・・」なんていう値動きのストレスからは解放されると思います。

究極のドルコスト平均法が実践できる会社

管理人自身も投資信託の毎日積立を実施しています。この方法だと値動きが気にならないので積立をしていた事も忘れてしまうかもしれません?(笑) 積立投資は長期間にわたって継続することで効果が出る投資ですので、この毎日積立は大注目の方法だと感じています。

以下では、毎日積立が可能なことに加えて、投資信託な種類が豊富である事や少額積立が可能な点も考慮して2つの証券会社を紹介します。

第1位 カブドットコム証券 :500円から投資OK!究極のドルコスト平均法が注目

~管理人コメント~ (詳細:カブドットコム証券の注目ポイント)
kaoru個人的な感想を言えば、積立投資にもっとも向いている証券会社だと思っています(管理人は、この会社で究極のドルコスト平均法を実践)。①500円から積立が可能②銀行引き落とし可能③低コストファンドが充実④スマホ取引対応と、サービス充実で人気が急上昇しています(プレミアム積立)。また、手数料が無料のETF(フリーETF)は他社では無い驚愕サービスなので合わせて利用したい商品です。

500円から投信積立が可能 カブドットコム証券
積立投資&ETFならば、ココは外せない!?

手数料無料のフリーETFは、大注目のお得サービス。
●投信の取扱数は800本以上。人気の手数料無料が6割超え!
●500円から積立投資が可能。銀行引き落とし対応が好評。
株主優待のクロス取引では最重要証券に推す声が多い。

 

第2位 マネックス証券 :1000円から投資が可能、初心者から人気!?

~管理人コメント~ (詳細:マネックス証券の注目ポイント)
kaoru積立投資の最低金額では、カブドットコム証券よりも劣りますが、サポート力に定評があり魅力的な会社です。特に投資経験が浅い人からは「投資情報が分かりやすい!」といった意見が多いので、初心者は注目の証券会社だと思います。(毎日のメール配信や無料オンラインセミナーが充実)
また、純金積立や米国株取引など、注目度が高い投資でも業界トップ水準です。

資産運用サポートが充実 マネックス証券
投資情報が満載で初心者も安心!

●メール配信される情報は、良質なものが多く投資の味方。
●投資信託は1000円から積立可能。
●ネットで見れる無料セミナーは個人投資家から大好評。
●純金積立(マネックス・ゴールド)も開始で魅力UP。

詳しい情報・資料請求>>マネックス証券

 

【番外編】ポイントサービスが人気の会社

これを読んでいる人には、「SBI証券は?」という疑問を持っている人もいるかも知れません。この証券会社は投資信託の取扱い本数は業界トップ水準で魅力的ですが、基本的に月1回の積立設定しか出来ません。
月1回の積立でも値動きが気にならない人ならば選択肢として魅力は充分です。

SBI証券 :投資信託のポイントサービスが好評です!

~管理人コメント~ (詳細:SBI証券の注目ポイント)
kaoru投資信託の取扱い数が2000本以上という驚きの数字です。
また、保有金額に応じてポイントが貰える「投信マイレージサービス」はコスト削減につながると大好評。投信だけでなく多くの商品を取り扱う総合証券でメイン証券としても魅力的。口座数が330万超えという凄い数字がありますが、そこには満足度と言うシッカリとした理由があります。

豊富な商品&格安手数料で大人気のSBI証券
SBI証券
個人投資家から圧倒的な支持!

●投信の取扱本数は、ネット証券最多水準で2,000本以上。
●積立投資は500円から可能。お小遣いでも投資が可能?!
●投信の保有額に応じてポイントが付与、コスト削減も!
●手数料無料で購入できるノーロード投信は700本超え。

詳しい説明・口座開設>>SBI証券

【カテゴリー別・ランキング】
●投資信託⇒投資信託を買うならどこ?証券会社の比較ランキング
●株手数料⇒2016年版 証券会社の手数料比較
●ETF⇒ETFを買うならどこ?証券会社の比較ランキング
●外貨投資⇒外貨投資をするなら何がいい?2016年版ランキング
●株主優待⇒株主優待で得するのはどこ?証券会社の比較ランキング
●JーREIT⇒JーREITに投資するならどこ?証券会社比較ランキング
●米国投資⇒米国株取引 ネット証券を徹底比較


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.