投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

投資信託と海外ETF、良いのはどっち?

コストが非常に安いのが海外ETFの特徴、長期保有には有利!

「海外ETF・・、今は国内の投資信託もコストが安いよ」と考える人も多いと思います。確かにインデックス投資信託に関してはコストが下ってきていますが、海外ETFと比べると大きな開きがあるのが現状です。

例えば、米国市場のS&P500に連動する海外ETFと国内の投資信託の費用を比べてみましょう。

i-mizuho米国株式インデックス 年間の経費率0.57%(投資信託)
バンガード・S&P500ETF 年間の経費率0.04%(海外ETF)

上記の○%というのを見ても、あまりピンとこないと思います。
違いを実感してもらう為に「100万を期待収益率5%で20年間保有した場合を結果を予想してみましょう。
注意:経費率などの変動要因もあるので、数字は保障されていません。目安程度に見てください。

商品名 20年後の金額 増額利益
i-mizuho米国株式インデックス 238万円 +138万円
バンガード・S&P500ETF 263万円 +163万円

概算ですが、20年の保有で約25万円の利益で差が出る結果となりました。
(1000万で計算すれば約250万の差ですから、非常に大きな差です)

購入手数料ではi-mizuho米国株式インデックスが無料という優位性はありますが、海外ETFは手数料が安いマネックス証券などを利用すれば上限でも20米ドル(1ドル=120円なら2400円)程度ですので、それを考慮しても約24万の差があります。

【注目】米国株の取引きで、マネックス証券を選ぶ投資家が多いのは何故?

投資信託の魅力は積立購入

投資信託のメリットは、積立設定が可能な点があげれます。また一定額を定期的に購入することで平均購入単価を安く抑えられたり、時間分散によるリスク低減効果も期待できます。
【参考:ドル・コスト平均法で資産形成

それに対してETFは積立設定が出来ない為、自分自身で買うタイミングを考えなくてはいけません。特に投資初心者にとっては“買値を自分で決める”というのは難しい事かもしれません。経験が少ない人にとっては投資信託の方が精神的負担が少ないと思います。
【買値の参考:米国株の投資データ!売買のチャンスはいつ?

結局は、どっちが良いの?

海外ETFは経費率が低いので保有時に強みがあり、投資信託は積立というメリットがあります。
これは、どっちが良い?と一つに決めるよりも、両方のメリットを合わせて活用すれば良いと思います。

例えばですが、冒頭のS&P500(米国株)であれば「i-mizuho米国株式インデックス」を毎月5万円の積立投資を行っていきます。そして積立額が100万を超えてきたら、100万だけ解約してバンガード・S&P500ETFの購入資金に充てます。これを繰り返していけば、積立購入のメリット&保有経費削減が可能になります。

注目【購入に強い投信、保有に強い海外ETF】
積立を継続しながら、資金を海外ETFに移動させればWメリットが受けられますね!
《例えば100万を目処に移動!?》
投資信託で積立購入⇒積立額が増えたら海外ETFに資金を移動⇒投資信託で積立購入⇒積立額が増えたら海外ETFに資金を移動⇒・・・・

注意:投資信託を解約するときに利益に対して税金が発生します。それが気になるという人は、含み損がある時や含み益が少ないときに解約を行う方が良いと思います。(管理人は全く気にしないタイプ)
参考までに管理人は、i-mizuho米国株式インデックスをカブドットコム証券で毎日積立を実践中です。

海外ETFの購入タイミングに対する参考?

管理人は200日平均移動線に注目して指値を決定しています。
下記の図はNYダウ2年間のチャート(2013年3月~2015年2月)ですが、下値がだいたい200日平均移動線をポイントに切り返している事がわかると思います。


※200日平均移動線はこちらのチャートを利用しています⇒コチラ

管理人は今まで、この方法で買いのタイミングを決めているのですが、とても良い結果になっています。
もっともリーマンショックのような大事件の時は200日線を簡単に突き抜けてしまうので完全に信頼してしまうのも問題があると思います。



米国株/海外ETFに強い証券会社は? ~管理人の投資スタンス~

米国株や海外ETFは、大手ネット証券のマネックス証券・SBI証券・楽天証券の3社で取引が可能です。

ただし、「時間外取引の有無」「指値期間の長さ」など、日本株の取引と比べて証券会社のバラツキが大きいのが実情です。(以下参照、銘柄数は米国株)

★証券会社によって条件がこんなに違う!(2017年9月25日現在)
証券会社 手数料 銘柄数 指値期間 時間外取引
マネックス証券 安い 多い 90日間
SBI証券 安い 普通 15営業日 ×
楽天証券 安い 普通 当日限り ×

【詳細:米国株取引 ネット証券を徹底比較

≪参考≫ 管理人の海外ETFの投資方法

海外ETFは、VOOVYMなどの米国市場を対象としたETFを購入しています。

ザックリとした目安は10%程度下がった時にまとめて購入する感じです(指値をして待つだけ!買い急ぎは厳禁)。

購入後は、ホッタラカシで値上がりを待つだけです。こんな単純な方法ですが、ここ数年は米国株と合わせて数百万円の利益が続いています。

この投資方法で非常に役立っているのがマネックス証券の指値期間(90日)”です(他社と比べて指値期間が圧倒的に長い)。

【関連】 米国株取引 マネックス証券のメリット・デメリットを解説

米国株の取引は日本時間の深夜から早朝に行われますので、指値の有効期間が長い事はとても重要だと考えています。(自分の希望株価に指値をして、ジックリ待つだけでOK)

公式ページはコチラ⇒ マネックス証券

また、マネックス証券の売買手数料が実質無料になる『ゼロETF』が大注目。少額投資や短中期投資でも手数料を気にせずに取引を行えます。
ちなみに、ゼロETFで個人的に注目しているのはウィズダムツリー 米国中型株配当ファンド(DON)です。


米国株/海外ETFの取引が可能なネット証券
証券会社&説明 公式サイト・お申込み
マネックス証券
好条件オススメNO.1
SBI証券
貸株サービスが魅力
楽天証券
海外ETFの本数が多い

サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


海外ETF 注目の15銘柄

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

海外ETF 注目の15銘柄

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.