投資や資産運用の知識が無くても心配いりません。投資信託・外貨投資・ETF・金投資、米国株などをFP(ファイナンシャル・プランナー)が詳しく解説しています。

投資信託

  • HOME »
  • 投資信託

一歩投資信託はじめの

投資信託って何?

簡単に言えば「運用の専門家が、貴方に代わって株式等で投資・運用してくれる」仕組みです。
自分の判断で株や債券を購入するわけではないので、投資や相場の経験なくてもスムーズにはじめる事ができます。そういった点で『初心者にむいている』金融商品といえます。また、分散効果でリスクを抑えながら資産形成ができる商品ですので、資産運用の柱として期待できる商品です。

【注目】投資信託を買うならどこ?証券会社の比較ランキング

はじめての投資信託 目次

◆投資信託の基本 メリット・デメリット?

「投資信託って何だろう?」といった基本的な事をまとめました。投資信託の初心者を対象として書いていますので中級者・上級者は飛ばしていただいて問題ありません。

◆投資信託の投資方法・選び方は?

投資信託を選ぶ時のポイントやリスクを抑えた投資方法をまとめました。長期投資の場合はドル・コスト平均法で時間分散を行った方がリスクを抑えらえると言われています。

◆証券会社・お得なサービスは?

個人投資家から人気が高い証券会社や好評価のサービスをまとめました。積立投資では月に複数回の購入設定ができる証券会社の方がドル・コスト平均法には向いていると思います。

◆多い相談 Q&A

投資信託について、多い質問を以下にまとめました。管理人の経験をもとに記事を作成しました(管理人は1級FP技能士、証券外務員1種を資格を活かして仕事をしています)

◆注目の投資信託は?

投資信託は何千本もあるので、経験が浅いと選択が難しいと思います。参考までに管理人が注目している投資を記載します。(推奨ではありませんので、投資判断はご自身でお願いします)

【分散・バランスタイプ】
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
管理人-積立 世界分散投資で長期運用向き)
世界経済インデックスファンド
管理人-積立 世界のGDPを参考に分散投資)
朝日Nvestグローバル・バリュー株オープン
(世界の割安銘柄に投資 長期で好成績を継続)
セゾン資産形成の達人ファンド
(世界の株式に分散投資 ファンド大賞も受賞)
【エリア集中・テーマ型】
ひふみ投信
管理人-積立 日本株式の優良ファンド)
ニッセイ健康応援ファンド
(高齢化に注目して中長期銘柄を40~60抽出)
i-mizuho米国株式インデックス
管理人-積立 米国株全体を丸ごと購入)
eMAXIS Slime(イーマクシス スリム)
(超低コストのインデックスファンドが勢揃い)
◆おまけ:ファンド大賞

R&I(株式会社格付投資情報センター)が毎年4月に発表する「R&Iファンド大賞」の各部門の受賞ファンドを紹介します。※ファンド大賞は過去のデータに対する評価で、今後を保証するものではありません。

【注目】積立投資はこの証券会社が凄い!~究極のドルコスト平均法~

《pickup》カブドットコム証券が投資信託で大注目!

毎月500円から投資信託が購入できる点で人気なのが、カブドットコム証券のプレミアム積立です。しかし、注目されている理由はそれだけはありません。

【積立投資で注目される理由は?】 
投信の取扱い数は1000本以上で、そのうち約500本が販売手数料が無料のノーロード投信!“人気や評判が高い投資信託が揃っており満足度が高い品揃え”です。

また、一般の証券会社では月に1回の積立が基本ですが、カブドットコム証券は月に複数回の積立設定が出来る貴重な証券会社。管理人もこの点が魅力でメイン証券にしています。さらに、手数料無料のフリーETF(上場投信)は業界唯一の驚愕サービスです。

カブドットコム証券 口座開設のメリットをFPが解説

カブコムバナー




サイト利用時の注意・免責事項
掲載情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんのでご注意下さい。本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。


投資信託

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

投資信託

PAGETOP
Copyright © はじめての資産運用 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.